ストーカーでお悩みの方に。ストーカー対策、ストーカー退治についての相談は全てお任せ下さい。

一緒にストーカー問題の解決に取り組み、解決後も一生の安心をお約束致します。
ストーカー バスターズは、その場限りのストーカー対策では無い、もっとも安心できる解決策で貴方を守ります。 メールでのお問い合せフォーム

ストーカー対策 解決の事例


ストーカー バスターズ 体験者レヴュー

実際に体験していただいた感想をご本人自身の監修の元、記事にさせていただきました。

【福島県 職業:主婦 20代 夫の留守を狙い家に訪問。A子さんは家の中に入れるのを拒否するも、しつこく、ついつい根負けし・・・
【東京都 職業:会社員 30代 Twitterを通じてメッセージを送ったのが全ての始まりだった。自分の安易な行動から、彼女と体をかわして・・・
【職業:会社員 30代 家庭の事情でお金が必要になり困った際、何気なく対象者に話をしたところ、当初はお金の援助や身の上・・・
【九州地方 職業:会社員 40代 半年程付き合って別れたつもりでいたが、昨年末から意味不明のメールが届くようになりそのまま無視・・・
【富山県 職業:OL 30代 別れ話を何度もしていた交際相手に、探偵を付けられ私生活を調べ上げられ、脅されて・・・
【東北地方 職業:主婦 30代 Aさんは何度もこれで終わりにするというのに、繰り返されてきたから、「殺してほしい」と真面目に答え・・・

ストーカー バスターズ TV放映

話し合いによるストーカー問題の解決方法

対象相手(元恋人、元夫婦、知人)が限定されている場合

1. まずは貴方とストーカー(対象者)との関係及び、関係者との状況を正確に把握していきます。
2. 対象者に貴方自身で言って頂きたい事や、対応方法の説明を聞いて理解して頂きます。
3. 次に少しでも早く対象者と会って、対象者の話しを聞きます。


貴方から対象者を呼び出して頂き同席して頂くのが、最も早く決着のつくパターンです。
何より対象者にとって一番望んでいた事ですから、スムーズに話し合いの席を作る事が出来、貴方にとっても会合の結果をご自身で確認することが出来ます。

担当カウンセラーの100の言葉より、貴方の1つの言葉の方が対象者にとって響きます。
どうしても対象者とは会いたくない方は、無理をされる事はありません。

担当カウンセラーは貴方と対象者の双方にとって、中立的で冷静な考え方を持って対応致します。
対象者は貴方にとっては過去の細かい事案まで執拗に追求し、事案の真実や貴方の本心を聞きたがります。
しかし貴方はそこで対象者と議論をしたり、対象者の考え方を非難するのは避けて下さい。
どちらが良いとか悪いとか、今となっては問題にする必要すらありませんが、明らかに貴方に非がある場合は対象者に謝罪する事も必要です。
ただ、貴方が非を認めたからといって、交換条件等をのむ必要はありません。
対象者としても貴方に自分の想いを打ち明ける事で、少しは気が晴れます。
問題は如何にして、対象者が貴方に対して持っている「あらやる感情を消していくか」という事です。
どのような展開に成ったとしても結論は初めから決まっています。
それは対象者が、「貴方と貴方の関係先に今後一切の接触や迷惑行為はしない」という事です。
この約束は対象者と貴方だけのものではなく、対象者と担当カウンセラーとの約束にもして行きます。
ここが最も重要なポイントです。

SBSストーカーバスターズの担当カウンセラーは、単なる第三者的立場で事件に介入する訳では有りません。
対象者は事件当事者として新たに存在した担当カウンセラーとの約束を、簡単には破る事は出来ません。
なぜならその約束は対象者が自ら申し出た事なのですから。

※ 担当カウンセラーは相手を恫喝をしたり、無理やりに約束を取り付けたりは致しません。
当事者同士の新しい気付きからの約束事です。

ストーカー行為を自覚し、なおかつ自ら進んでその行為をやり続ける人間は少ないものです。
対象者は貴方に自分の思いや考えをすべて話した後に、貴方から今後どうしたいか明確な意志表示をされると、納得するしかありません。
対象者自身にストーカー行為をしている現実や、置かれている立場や状況を理解をさせる事で、自然に答えは出ます。
そして、これ以上無意味なストーカー行為を続ける事に対するリスクを理解し、恐怖感を感じる事でしょう。
また、貴方と対象者との面談はこれが最後になります。
対象者との間に債権、債務関係があれば全て清算をします。
電話番号やメールアドレスのメモリーを、お互いに消去するのも良いでしょう。

4. 面談終了後にも拘わらず、まだ貴方に連絡をとる対象者もいます。(SBSデータでは10%ほどです。)

このようなタイプのストーカーは疑い深く、担当カウンセラーによって無理やり対象者は貴方と「別れさせられたのではないか?」などと邪推をしています。
貴方の身内・知人といった一般の方が仲裁に入ると、上手く行かないどころか、さらに事態をひどい状況に発展させてしてしまう事があります。
このような場合は貴方と担当カウンセラーとの、迅速な連絡と対応が必要になります。
貴方と担当カウンセラーは親密な関係な為、対象者が約束を破って貴方に接触をすると、すぐに担当カウンセラーが対応する事をストーカーに認識させるのです。
ストーカー対策は、その場しのぎだけではない事を理解して下さい。

・ 面談後の対象者に対する対応が最も重要です。
・ 面談後10日間ぐらいは注意が必要です。


警察や弁護士に依頼した場合との大きな違いは、SBSストーカーバスターズは時として、貴方の為に体を張ってでも対象者と対峙します。
私達はストーカーよりも粘り強く、問題解決にストーカー(対象者)と関わって参ります。
私達の過去の経験では、話し合いによる解決が出来なかったケースは皆無です。
たとえどんな相手であろうと、必ず責任を持ってストーカー問題を解決し、クライアント様の心の平安を約束致します。
短期間で最も安全な解決を望まれるなら、SBSストーカーバスターズのトータルカウンセリング・ゴットファーザースタイルをご依頼下さい。
| プライバシー&ポリシー | 特定商法に関する法律表示 | 総合リンク集 |